お役立ち情報一覧へ戻る>

人の目やこころに残るコマーシャル

“ちょっぴりでも立ち止まると他の企業が追い越してしまします。例えば毎日目にするテレビコマーシャルは、同じ商品でもぐいぐい変わりますし、商品自体の衰退が厳しいので、すぐ最新商品が出てきます。

日々進化するこの業界では、斬新なアイデアを形にしてぐんぐん世に送り込まなければなりません。こういった仕事は常に斬新ことにチャレンジする柔軟な頭と感覚を必要とし、人の入れかわりが激しくなる原因でもあります。

斬新で、人の目やこころに残るコマーシャルだとその商品の売上もよくなるのです。また日本ではバブルが崩壊して日本の経済は低迷期に入ったのですが、IT業界は急激に伸長し続けたため、不景気の中でもITエンジニアなどの求人は比較的多かったのですが、若年労働者や非正規雇用の形態をとる企業も多く、低賃金で長時間労働などがIT離れにつながっています。

それに合わせてコマーシャルも斬新ものに変わります。そういった広告業界もIT関連の会社が関係することがあり、華やかですが厳格仕事でもあります。

過去の記事を見る>

フリーワード検索

種類・系から検索

言語から検索

ポジションから検索

沿線から検索

場所から検索